医者

胸腺がんの治療

病棟

胸腺がんの治療の工夫

胸腺腫瘍は胸腺に発症するがんである。胸腺とは胸の部分にある臓器で、リンパ球を作る働きをする。胸腺腫瘍の治療法は外科手術がメインで、補助的に化学療法や放射線療法が行われる。比較的小さな胸腺腫瘍は外科手術で腫瘍を摘出することが可能である。しかし病状が進行すると胸腺から他の臓器に転移し、外科手術では治療することができなくなる。外科手術ができない場合には、抗がん剤治療や放射線治療が行われる。胸腺腫瘍は、副作用が少ないNK細胞療法によっても治療することができる。NK細胞療法のメリットは、副作用が少ない点と抗がん剤でも治らなかった胸腺腫瘍でも治るケースがあることである。外科手術で胸腺腫瘍を治療できない場合は、NK細胞療法を受けることをお勧めする。

胸腺がんの今後の動向予測

胸腺腫瘍などの胸腺がんの治療は、初期段階では経過観察をせずに、速やかに外科手術をするケースが多い。外科手術が奨励されている理由は、胸腺腫瘍は他の器官に転移しやすく、転移する前に腫瘍を除去することが大事になるからである。外科手術が困難な胸腺腫瘍の治療は、最近ではNK細胞療法が行われるケースが増えている。NK細胞療法は最先端のがん治療の療法で、副作用が少ないため、患者からの人気が高い治療法になっている。NK細胞療法は副作用が少なく治療効果も優れているため、今後はNK細胞療法で胸腺腫瘍を治療する人は増えると予測される。NK細胞療法は最先端医療であるため高額な治療費が必要になるが、今後は治療費は安くなると予想される。

Copyright© 2015 めまいに悩んでいるなら|メニエール病の可能性がありますAll Rights Reserved.